• 出版・メディア活動
    •   2021-10-09  「月刊NOSAI」10月号「イタリア野菜のトップ生産地 埼玉県さいたま市 その1」
      新連載「農と食で高める地域の力」の第3回目です。
      「月刊NOSAI」10月号(公益社団法人全国農業共済協会=NOSAI協会)
      http://www.nosai.or.jp/nosai_kasou/syuppan.html

      「イタリア野菜のトップ生産地 埼玉県さいたま市 その1」

      多彩なイタリア野菜の栽培で注目されるようになったのが
      埼玉県さいたま市の「さいたまヨーロッパ野菜研究会(略称=ヨロ研)」です。

      13軒の農家からなる「農事組合法人FENNEL(フェンネル)」と、種苗会社、
      レストラン、流通会社、JAなどが連携しているもので、事務局は中小企業を支援する
      公益財団法人さいたま市産業創造財団にあります。
      さいたま市は、今では、イタリア野菜の栽培と消費では国内でもトップクラス
      となっていいます。

      (一財)地域活性化センターシニアフェロー
      総務省地域力創造アドバイザー・内閣官房地域活性化伝道師
      金丸弘美(食環境ジャーナリスト・食総合プロデューサー)
      ◎ホームページhttp://www.banraisya.co.jp/kanamaru/home/index.php

      ●2021年7月世界自然遺産となった徳之島で家族は子育てをしました。
      「ゆらしい島のスローライフ」(学研教育出版)電子書籍で配信
      http://www.banraisya.co.jp/kanamaru/book/bookdetail.php?no=1118
      ●「食育で育む未来の町づくり」(徳之島も紹介)YouTube配信中
      https://www.youtube.com/watch?v=-ztpU9TX8J8
      ●CRIIESセミナーオンライン開催 10月29日(金)13:00〜17:00(無料)
      「人口減少が進む過疎地域の再生」町の個性が町おこしに繋がる
      http://www.criies.jp/images/seminar/2021/CRIIES-seminar_Poster.pdf