• イベント活動
    •   2017-04-05  島々をネットワークで発信・新しいメディアの力「離島経済新聞」
      ライターズネットワーク・セミナーを開催します。ぜひおでかけください。

      テーマ:島々をネットワークで発信・新しいメディアの力「離島経済新聞」
      講師:鯨本あつこ(いさもと・あつこ) 「離島経済新聞」統括編集長 

      日本の離島をWEB版と紙媒体での新聞発行を行い、リアルに島々の暮らし、
      文化、地域づくり、政策まで、ネットワークをし、多様な島の豊かさを発信して
      いるのが「離島経済新聞」。

      鯨本さんは、大分県日田市出身。知りあいが、たまたま瀬戸内海の「大崎上島」
      (おおさきかみじま=広島県大崎上島町)に移住したことから、遊びに行き、
      都会にはない風景、食や暮らしなど、島の魅力に魅かれNPO法人離島経済新聞
      を立ち上げた。自ら離島を100島以上を訪ねた。直接会った島の人たちとスカイプ
      で連携し、現在の島のニュース、話題、新たな地域振興策などをリアルに発信をする、
      これまでになかったメディを立ち上げた。
      ローカルの足元の豊かさ、知恵のノウハウの連携を行っている。http://ritokei.com/

      「まちむらセミナー参加申込書」(Acrobat PDF)

      ・日程 5月11日(木)15:00〜17:00
      ・参加費  2,000円/人 ※当日徴収

      ・場所:都市農山漁村交流活性化機構(まちむら交流きこう)
      http://www.kouryu.or.jp/
      ・〒101-0042 東京都千代田区神田東松下町45 神田金子ビル5F
      TEL:03-4335-1981(代表)  

      申込み:(お名前・所属・住所・電話・FAX・メール)
      FAX:03-5256-5211  
      E-Mail:chisan@kouryu.or.jp

      まちむら交流きこう「里の物語」からも申込みできます。
      https://satomono.jp/

      鯨本あつこ(いさもと・あつこ)
      1982年生まれ。大分県日田市出身。
      NPO法人離島経済新聞社の有人離島専門メディア『離島経済新聞』、
      季刊紙『季刊リトケイ』統括編集長。
      一般社団法人石垣島クリエイティブフラッグ理事。
      地方誌編集者、経済誌の広告ディレクター、イラストレーター等を経て2010年に
      離島経済新聞社を設立。地域づくりや編集デザインの領域で事業プロデュース、
      人材育成、広報ディレクション、講演、執筆等に携わる。2012年ロハスデザイン
      大賞ヒト部門受賞。美ら島沖縄大使。1児の母。育児のため夫のふるさとである
      那覇市在住。 『離島経済新聞』http://ritokei.com/

      略歴
      2010年 株式会社離島経済新聞社を設立
      2012年 ロハスデザイン大賞 ヒト部門受賞
      2013年 TEDxTokyo登壇
      2014年 NPO法人離島経済新聞社として組織変更。代表理事に就任
      2015年 代表理事を交代。統括編集長に就任

      主催:まちむら交流機構http://www.kouryu.or.jp/
      共催:ライターズネットワークhttp://www.writers-net.com/


      総務省地域力創造アドバイザー・内閣官房地域活性化伝道師
      金丸弘美(食環境ジャーナリスト・食総合プロデューサー)
      ◎ホームページhttp://www.banraisya.co.jp/kanamaru/home/index.php
      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
      ■絶賛発売中!「地方創生」のテキストとして読まれています。
      「ゆらしい島のスローライフ」(学研)
      絵:唐仁原教久、写真:阿部雄介、小泉武夫氏推薦
      http://www.banraisya.co.jp/kanamaru/book/bookdetail.php?&no=1118&a=1

      インタビュー特集「訊く」「島にあるものが素敵なんだ」で紹介。
      http://ritokei.com/article/interview/7471