• イベント活動
    •   2016-01-14  平成27年度 地産地消コーディネーター育成研修会 参加者募集


      平成27年度 地産地消コーディネーター育成研修会 参加者募集
      http://www.kouryu.or.jp/events_seminar/chisan_ikusei2015.html

      学校給食における地場産物のさらなる利用拡大と定着に向けて、
      生産者と教育現場等をつなぐ、コーディネーターの育成を目指した、
      ワークショップ方式の研修会を開催します。

      日程:2016年1月14日(木)〜15日(金)
      募集人数:1日目50名、2日目40名
      費用:参加費は無料。(事前申込制)
      開催場所:長野県松本市、朝日村
      対象:学校給食において地場食材活用の推進に関わる方なら、どなたでも。

      ■1日目 1月14日(木)
      話題提供 長野県農政部農業政策課農産物マーケティング室の取組み
      講演|六挫肋辰粒惺撒訖を進める地産地消コーディネーターの役割(仮)
         佐賀県唐津市立浜玉中学校 栄養教諭 福山 隆志

      講演地産地消の学校給食を進めるための仕組みづくり(仮)
         中野市南部学校給食センター 栄養教諭 小林 晴江

      地産地消コーディネーターの活動紹介(各20分+質疑応答)
      (1)生産者組織 東京都日野市 農業者 小林 和男
      (2)中間組織 塩尻市農業公社 農産物流通コーディネーター 村上 かほり
      (3)栄養教諭  朝日村立朝日小学校 栄養教諭 杉木 悦子

      ワークショップ ※班に分かれて、意見交換を行います。
       全体のテーマ:学校給食への地場食材の活用・調達について
       A班…給食センター方式による地場食材活用・調達について
       B班…自校調理方式による地場食材活用・調達について

      全体発表・質疑応答 コーディネーター 食ジャーナリスト 金丸 弘美

      ■2日目 1月15日(金)
       朝日村立朝日小学校
            (1)ご挨拶・食育活動の取組み
            (2)現地セミナー
              ・授業見学(味噌づくり・詰める作業)
              ・学校及び給食室・学校畑の見学
              ・朝日村産業振興課の取組み
              ・学校給食への地場産物利用の取組み
              ・全体質疑応答(30分)

      給食参観・各クラスで会食(〜13:20)

      ファーマーズガーデンやまがた(直売所)訪問

      参加申込について
      ■参加人数・対象  1日目:50名 2日目:40名
      ※学校給食において地場食材活用の推進に関わる方なら、どなたでもご参加できます。

      お問い合わせ先
      (一財)都市農山漁村交流活性化機構(まちむら交流きこう)地域活性化チーム
      〒101-0042 東京都千代田区神田東松下町45 神田金子ビル5階
      TEL 03-4335-1984 FAX 03-5256-5211

      金丸弘美(食環境ジャーナリスト・食総合プロデューサー)
      ◎ホームページhttp://www.banraisya.co.jp/kanamaru/home/index.php
      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
      12月10日発売 
      『里山産業論 「食の戦略」が六次産業を超える』(角川新書)
      金丸弘美著 定価:本体800円(税別) 絶賛発売中
      http://www.banraisya.co.jp/kanamaru/book/bookdetail.php?&no=199&a=1
      [ジャパンFMネットワーク『サードプレイス・美味しい食の物語』全国32局]
      「産経新聞」「西日本新聞」「佐賀新聞」「聖教新聞」ほかで紹介。