• 出版・メディア活動
    •   2018-09-28  JR大崎駅改札前イベント「ビルの谷間のたくあん祭〜お新香の逆襲〜」
      「たくあんシンポジウム」に参加します。

      JR大崎駅改札前イベント
      「ビルの谷間のたくあん祭〜お新香の逆襲〜」同時開催
      大崎には沢庵和尚のお墓があります。出身地は但馬の国(豊岡市)
      一時流された所は山形県上山市。タクアンが有名だったのは練馬区。

      2018年9月28日(金) 13:00〜16:00
      場所:@ゲートシティ大崎ホール(大崎駅南改札口から徒歩1分)
      http://www.gatecity.jp/hallandroom/
      入場料:無料
      【主催】大崎西口商店会新規事業開発室たくあん会
      大崎エリアの街づくりに関わる人々によって発足した謎の組織「たくあん会」
      「たくあん会」が今後に向けて企てている計画の発表とともに
      「なぜ大崎がたくあんなのか?」「沢庵和尚の生涯」「食品たくあんの可能性」
      「和食文化としてのたくあん」「たくあんから地域/観光資源を考える」など…
      「たくあん」を通じて様々なテーマで講演とパネルディスカッションを実施します
      プログラム(予定)
      13:00〜
      第一部:講演の部
      坂本道夫(品川郷土の会会長)
      ・なぜ大崎がたくあんに注目しているか?
      ・沢庵和尚の生涯とは
      13:10〜
      金丸弘美(食環境ジャーナリスト)
      ・現代の食品とたくあん
      ・たくあん(発酵食品)と健康と美容
      ・全国各地のたくあんと農業
      ・沢庵和尚ゆかりの地兵庫県豊岡市・山形県上山市の紹介
      ・元祖たくあん練馬大根の産地練馬区の動画紹介
      休憩:試食の会
      13:30〜
      左今克憲(株式会社アグリゲート代表取締役CEO)
      ・旬八青果店ができるまでのストーリー
      ・アグリゲートが目指すビジョンとは
      14:15〜
      講演で紹介した各地たくあんの試食会
      [候補産地]・兵庫県豊岡市・山形県上山市・東京都練馬区
      第二部:パネルディスカッション
      14:30〜
      パネルディスカッション
      [モデレータ] 綱嶋信一(たくあん会会長)
      [パネリスト]金丸弘美(食環境ジャーナリスト)
      左今克憲(株式会社アグリゲート代表取締役CEO)
      東薫子(みずほ銀行大崎支店支店長)
      ※本事業は公益財団法人東京観光財団の
      「地域資源発掘型実証プログラム」の取組の一環として実施しています。

      総務省地域力創造アドバイザー・内閣官房地域活性化伝道師
      金丸弘美(食環境ジャーナリスト・食総合プロデューサー)
      ◎ホームページhttp://www.banraisya.co.jp/kanamaru/home/index.php
      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
      ■2018年9月25日発売
      「食にまつわる55の不都合な真実 」(ディスカヴァー携書)
      金丸弘美著 (ディスカヴァー・トゥエンティワン出版)定価:1,080円
      http://www.banraisya.co.jp/kanamaru/book/bookdetail.php?no=208&a=1


      「地方創生」を支援する「地方創生カレッジ」が配信中!
      「地域資源を生かす幸せな田舎の作り方〜小さな経済の地域力・田舎力〜」
      https://chihousousei-college.jp/e-learning/basic/industrialization/127.html